☆いいものステーション☆
管理人が厳選したイイモノをご紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


【本場ブラジルのトップブランド-Hayashi-】林プロポリスエキス30ml 10本セット お得なバリューパック!
【本場ブラジルのトップブランド-Hayashi-】林プロポリスエキス30ml 10本セット お得なバリューパック!【本場ブラジルのトップブランド-Hayashi-】林プロポリスエキス30ml 10本セット お得なバリューパック!
 
ブラジル日本語日刊紙 「健康広場」より転載 
■自然からの贈り物=高品質の「林プロポリス」2003年8月27日 掲載  自然からの贈り物のプロポリスで健康を――。一九七四年にブラジル国内で最初にプロポリスの製品化に成功した「林プロポリス」の林新三社長=写真=は、七〇年にブラジルに移住後、早くから試験養蜂を開始。養蜂の盗難や自らのウイルス性肝炎などの困難を乗り越えながら、当時としては研究データの少なかったプロポリスの原塊選定基準を設定した。
 
 「濃度のみを気にしてもダメ」とあくまでも原塊の質の高さがプロポリスの鍵を握ると林社長。粗悪な原塊を用いても濃度は高くならず、世界一良質なプロポリス原塊が生産されるブラジルでも、「林プロポリス」の厳しい基準をクリアするのはごく一部だという。
 
 また、数多くの種類を有する原塊の選定は視覚・嗅覚・味覚に秀でた選別士が担当。衛生的かつ適切な抽出プロポリスを厳守する同社のプロポリスは最高級として広く認知されている。
 
 「良質な製品を生産し、皆様の健康に寄与したい」と林社長は、これからも「林プロポリス」の信頼を守り続けるつもりだ。
 ■日系健食業界の攻防=連載(4)=
  プロポリスブーム=火付け役は国際養蜂会議=こだわり追究、激戦勝ち抜く2005年10月5日 掲載 
 プロポリスが日本でブームを起こすきっかけになったのは、何だったのだろうか。養蜂関係者は「第三十回国際養蜂会議」(一九八五年、名古屋)だったと、口をそろえて言う。
 
 この会議はミツバチ飼育業者や研究者が集まって情報交換や研究発表を行おうと、一八九七年にベルギーでスタートしたもの。名古屋会議は三十回目の節目で、世界五十三カ国から計二千二百人が出席した。
 ブルガリアの医師が、プロポリスを含んだ蜜蝋が関節障害の患者に有効に作用したと症例を紹介。ハンガリーとポーランドの医師も、ラットを使った実験で抗細菌・抗炎症などの薬効が認められたと報告した。
 外敵の侵入を防ぎ、巣内の衛生を保つためにつくりだされるプロポリス。多くの養蜂家は、それまでゴミとして扱ってきた。この時初めて、とてつもない力を秘めているのだと認識が改められた。
 さらに国立予防衛生研究所と協和発酵東京研究所の研究グループが九一年十月に、ブラジル産プロポリスの成分中に抗がん効果のある化合物を発見したと発表。人気が一気に加速した。〃宝物〃に変身するや、プロポリスは日系企業にとって垂涎の的になった。
 
 「八〇年代の後半に、資本提携と全生産を引き受ける替わりに販売権を渡すように提示されたことがある」。林プロポリス(聖市カンブシ区)の林新三社長(61、新潟県出身)は、過熱ぶりを振り返る。八〇年代当時既に民間薬としての有用性を見抜いていたとはいえ、大ヒットを飛ばすとは予想外のことだった。
 
 「種子島から北海道までの転地養蜂に従事し、海外での養蜂を志して七〇年に渡伯しました。当時事業団で専業養蜂移住者の前例がなく、自身で(受け入れ先)を捜さなければならなかったんですよ。」
 
 林社長は一旦、イタクァケセツーバの養鶏場に勤務。月に一回、蜜蜂の研究所に通って造詣を深めた。一年後に研究官の紹介状を携え、実態調査とパトロン探しの旅に出発。リオ・クラーロ(聖市から百八十キロ)で、ポルトガル系の養蜂家と歩合で働くことに決まった。
 
 仕事の傍らプロポリスの開発を試みた。実は肝炎を患い、自身の健康にも役に立つと思ったからだ。利益を得始めるまでの六年間、毎月七十人~八十人に試作品を無料配布。原塊(プロポリス原料)がいつ、どこでとれたものかをデーターにまとめ、地域別のランク付けも行った。
 現在、抽出工場をカンブシ区に構えている。聖市を中心にローヤルゼリー・蜂蜜・花粉などの販売をしながらプロポリスを配っているうちに、徐々に名が売れるようになり日系進出企業数社から商談が入った。
 
 しかし考慮の末、交渉はいずれも白紙撤回した。量産を迫られると、商品の質を落としてしまいかねないと不安になったからだ。
 
 原塊はピンからキリまで。仲買人が勧めても生産現場を視察した上、視覚・嗅覚・味覚を働かせて品質を判断してからでないと購入しない。「いいものは、一般よりも高く買い上げる」とこだわりをみせる。
 
 ここ十年余りの間に競争相手が激増。日本向け商品の出荷は苦戦を強いられている。「良質品を提供する生産者と真面目に使用する消費者の連携で、好結果が得られるという信条を持っています」と林社長。自身のスタイルを崩して、目先の利益や安さだけを追究するつもりはない。    プロポリス抽出液(内容量30ml)
原産国:ブラジル  ブラジル農務省認定(No.2249)
製造元:Hayashi Industria , Comercio (ブラジル)
輸入元: 林アルバレットブラジル正規輸入代理店
          オフサイドジャパン
          (厚生労働省輸入食品届出済)
ブラジル農務省
許可番号
2249

商品の特長>
1974年ブラジルでいち早くプロポリス製品を製造開始した「Hayashi」の定評ある製品。永年の実績と信頼で日本にも多くのファンを持つ製品です。
ブラジルでも良質とされるサンパウロ州を中心としたミナスジェイラス州・パラナ州産の原料を使用。
日本語版説明書を商品に同梱しております。  現在お届けしている商品は、「製造年月日:2005年
9月 5日」 「品質保持期限:2007年 9月 5日」
です。 なんと商品先渡し!お支払は商品受取後にお近くのコンビニで!「NP後払い」サービスOK




さらに詳しい情報はコチラ≫





スポンサーサイト





管理者にだけ表示を許可する






Copyright © ☆いいものステーション☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。