☆いいものステーション☆
管理人が厳選したイイモノをご紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


桜の森の満開の下 |坂口 安吾
桜の森の満開の下桜の森の満開の下
坂口 安吾
講談社 刊
発売日 1989-04
価格:¥1,470(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★




ダメ男好きな私 2005-07-27
大好きな坂口安吾の作品はいっぱいあるんですが、
ここはスタンダードに『桜の森の満開の下』で。
彼の作品は色んなタイプがありますが、
これは王朝物に分類されるのかな?
とにかく美しい文章で、
こちらの息が苦しくなるような静謐な世界に
どっぷりと浸ることができます。『私は海を抱きしめていたい』とかが大好きなんですが、
この人の書く女性って、とても美しいですよね。
『白痴』とかを読んでさえ、私は美しい、と感じるんです。
きっと、この人は女性が大好きなんだろうな、って。
決してイヤらしい意味ではなく、
女性という自分とは別の存在をすごく
大事にしてくれている感じが私はするんです。この作品も女性の美しさや怖さを書いているけれど、
結局それは男の目というフィルターを通した女でしかなくて。
こんな女であって欲しい、とか
こうなんだろうな、という欲求とか願望が透けて見えて、
かわいいな、と思ってしまうんですよね~。あー、書いていて私って本当に
ダメな男が好きだよな~、と再確認(笑)


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/5/7に作成しました。


スポンサーサイト




Copyright © ☆いいものステーション☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。