☆いいものステーション☆
管理人が厳選したイイモノをご紹介します
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


宮沢賢治―存在の祭りの中へ |見田 宗介
宮沢賢治―存在の祭りの中へ宮沢賢治―存在の祭りの中へ
見田 宗介
岩波書店 刊
発売日 2001-06
価格:¥1,050(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★




心を探検してみませんか? 2004-04-24
2冊買った。1冊はトイレに起きっぱなしにした(^^;;;;。1回読んだ後、何回もなんかいも繰り返し読んだ。宮沢賢治の詩(心象スケッチ)は難解なものが多いと思っていた。有名な「雨ニモマケズ」も、どうして「デクノボーと呼ばれ」たいと思ったのかなどと疑問を持っていた。童話の中にも結構難解なものも多かった。全集を買ったけど、読み切れなくてもてあましていた。ところが、この本を読んでから宮沢賢治の見方が一変した。あんなに難解と思っていた詩が、一言ひとこと心にしみるようにわかり始めたのだ。ついでに言うと、エンデの『はてしない物語』も、この本を読んだ後は理解がものすごく深くなった。『銀河鉄道の夜』と構造やモチーフがそっくりなのだ。現実に虚無感を感じたとき、自分の無力さを感じたとき、何度でも読みたくなる。


さらに詳しい情報はコチラ≫


この記事は2006/5/7に作成しました。


スポンサーサイト




Copyright © ☆いいものステーション☆. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。